城下町金沢ママちゃり散策日記

Stroll through the town. 金沢の街なかをMダックスの"ふう"と散策! キホン写真メインですが、日々の出来事、趣味、なんでもあり雑多なブログです♪


城下町金沢ママちゃり散策日記 TOP  >  散策 >  金沢ゆかりの小説家その2
スポンサーサイト

金沢ゆかりの小説家その2

金沢ゆかりの小説家のつづき

五木寛之のほかにも金沢ゆかりの作家・作品があります。

私が読んだ作品を紹介しましょう。

「北の海(上)」「北の海(下)」: 井上 靖 

旧制四高(金沢大学の前身)出身の作家、井上靖が在学中柔道に
情熱の全てを注ぎこんだ自分をモデルに書いた作品




「白い声(上)」「白い声(下)」: 伊集院 静

清純なカトリック信者18歳の少女が、邪悪な作家と恋に落ちる。
金沢、バルセロナが舞台となっており、私的には衝撃的でかなり
濃い作品でした。
作品はもちろん、伊集院静の生きざまにも興味があり、麻雀、競馬、
競輪が趣味、「静と理恵子の血みどろ絵日誌」シリーズはなかなか面白い。


また、金沢ゆかりではないですが毎日新聞社時代の井上靖の部下で
あった山崎豊子の作品も好きです。
社会の泥臭い現実を描いた実話と思われる長編小説で作品がテレビ化、
映画化され反響を呼びました。


「運命の人」
沖縄密約事件、外務省機密漏洩事件を扱った作品
日曜夜9:00テレビドラマ放映中



「華麗なる一族」
銀行(旧神戸銀行)がモデルとなった作品
キムタク主演のテレビドラマが記憶に新しい



「沈まぬ太陽」
日本航空の腐敗体質、御巣鷹山事故を描いた作品
映画化され昨年テレビでも放映されました。
外部登用者による経営再建に取り組む様は現実となった。



金沢の三文豪、泉鏡花、徳田秋声、室生犀星の作品はまだ読んだ事がありません。
余りにも著名で自分の世代の作家ではないのでなんとなく遠い存在のような気がして...


[ 2012年03月14日 21:18 ] カテゴリ:散策 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

せいぼう@金沢

Author:せいぼう@金沢

愛犬Mダックスのふうと一緒に
城下町金沢を散策します

Mダックスのふう

Sponsored Link
Photo Gallery
www.flickr.com
sugar4684's items Go to sugar4684's photostream

Sponsored Link
季節情報




マクロミルへ登録
お買いもの


タイプ1
旅の予約はこちらから