城下町金沢ママちゃり散策日記

Stroll through the town. 金沢の街なかをMダックスの"ふう"と散策! キホン写真メインですが、日々の出来事、趣味、なんでもあり雑多なブログです♪


城下町金沢ママちゃり散策日記 TOP  >  散策 >  橋爪門と玉泉院丸庭園
スポンサーサイト

橋爪門と玉泉院丸庭園

金沢城で最も格式の高い門とされた「橋爪門」、明治期に焼失して以来134年ぶりに復元!

IMG_9701_640.jpg

金沢城内の各曲輪(くるわ)をつなぐ城門の内、特に重要であった「石川門」「河北門」「橋爪門」を「金沢城三御門」
と呼んでいます。
「石川門」は宝暦の大(1759)後、天明8年(1788)に再建されたものが現存し、国の重要文化財に指定
されています。
「河北門」は平成22年4月に史実に沿って復元され、今回の「橋爪門」の完成により、「三御門」全てが整い、
三の丸一帯の江戸後期の景観がよみがえりました。(金沢城公園HPより引用)



こちらは「玉泉院丸庭園」

加賀藩三代藩主「前田利常」による寛永11年(1634)の作庭を始まりとし、その後五代「綱紀」や十三代「斉泰」
などの歴代の藩主により手を加えられながら、廃藩時まで金沢城内玉泉院丸に存在していた庭園です。

庭園は、城内に引かれた辰巳用水を水源とする池泉回遊式の大名庭園で、池底からの周囲の石垣最上段
までの高低差が22mもある立体的な造形でした。滝と一体となった色紙短冊積石垣などの、意匠性の高い
石垣群を庭の構成要素とする、他に類を見ない独創的な庭園であったと考えられています。
                                 (金沢城公園HPより引用)

「橋爪門」、「玉泉院丸庭園」ともに新幹線開業の3月に完成! 観光客をより一層楽しませています!

かつては金沢大学キャンパスだったこの場所も着実にお城の雰囲気が復元されています。




ご訪問ありがとうございます。↓↓↓ランキンング・エントリー中! 感謝!


ブログランキング・にほんブログ村へ

[ 2015年04月20日 10:42 ] カテゴリ:散策 | TB(0) | CM(2)
こんにちは
そうなんですか?!
石川門しか無かった頃に行っていますから、今の姿は嬉しいですね。
なにしろ、金沢大学が移ってすぐくらいでしたから。
昔の姿に戻すのは大変ですが、さすがに金沢ですね。
[ 2015/04/20 12:30 ] [ 編集 ]
Re: カミさん さま
こんばんは!
との頃この場所は金沢城とは言わず石川門と呼ばれていたと思います。
お城の姿なんてほとんどなかったですからね。
全て復元されるとかなり大きなお城になるんじゃないかな?
[ 2015/04/20 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

せいぼう@金沢

Author:せいぼう@金沢

愛犬Mダックスのふうと一緒に
城下町金沢を散策します

Mダックスのふう

Sponsored Link
Photo Gallery
www.flickr.com
sugar4684's items Go to sugar4684's photostream

Sponsored Link
季節情報




マクロミルへ登録
お買いもの


タイプ1
旅の予約はこちらから